BLOG

ブログ

ソフトバンク光が開通後、繋がらない時にチェックすべき2つのポイント。(2016年4月版)

みなさま、こんにちは。Future’I’Mark法人携帯アドバイザーの脇田です。

本日は大人気の高速インターネット、ソフトバンク光が繋がらない原因をまとめた記事です。
弊社でも多数のお申し込みを頂いているのですが、切り替え後にトラブルが生じてしまうケースも稀にあります。
そのようなケースに陥ってしまったときは、下記の項目を確認していただければ解決する可能性がありますので、これから切り替える方、すでに切り替えられた方はチェックしてみてください。

では、どうぞ。

 

1.IPV6がオフになっている。

ソフトバンク光のIPV6設定

IPv6とは、Internet Protocol Version 6 の略称であり、現在主流のインターネットプロトコルである IP Version 4 にかわるものとして設計された、次世代のインターネットプロトコルです。

・・・わけわからん。

と思われた方、安心してください。
細かいことは置いておいて、設定を確認してみましょう。

 

まずは、ホームゲートウェイの型番をチェック!

ホームゲートウェイの型番

ホームゲートウェイとは、NTTから配布されている黒色で緑色の光が点滅している機械のことです。
ケーブルがいろいろと繋がっていると思います。
下記の型番のものを使用している場合は、
IPV6パケットフィルタの変更設定を行わないと通信が安定しないケースが稀にあります。

PR-500KI
PR-500MI
RT-500KI
RT-500MI
RV-440NE
RV-440KI
RV-440MI

PR-400NE
PR-400KI
PR-400MI
RT-400NE
RT-400KI
RT-400MI

RV-A340NE
RV-A340SE
PR-A300NE
PR-A300SE
RT-A300NE
RT-A300SE

RV-S340NE
RV-S340SE
RV-S340HI

PR-S300NE
PR-S300SE
PR-S300HI
RT-S300NE
RT-S300SE
RT-S300HI

当てはまった方は、すぐに設定の変更をしてみましょう。
詳しい手順についてはコチラからご覧になることができます。

 

2.そもそも配線がおかしい。

ソフトバンク光、BBユニットの配線がぐちゃぐちゃ

実は、先ほどのIPV6よりもこれの問題がほとんどです。
配線が間違っていると接続が不安定になったり、業務用端末が接続に失敗したり、そもそもインターネットに繋がらなくなったり・・・いろいろなトラブルの元になります。
きちんとパソコンなどの接続機器と、ホームゲートウェイがきちんと接続されているのか確認しましょう。
またBBユニットを使用している方は、BBユニットを用いての接続方法をコチラより参照してみてください。

 

こんなの見てもわかんねーよ!!

 

と、せっかちなあなたに朗報があります。
ソフトバンク光は開通後の2ヶ月間、無料で訪問サポートを受けることができます。
ご利用開始のご案内レターにサポート無料券というものが配布されているはずです。

訪問設定サポート2ヶ月間無料券

この券を使えば、あなたのオフィスや店舗、ご自宅に専門家のかたが配線を施してくれますので、トラブルのリスクなし、快適に高速なインターネットを楽しむことができます。
最初の2ヶ月間は何度でも利用することができますので、ぜひご活用ください。

 

いかがでしたか?

いかがでしたか?

たいていの場合は設定や配線のミスにより生じているトラブルになりますので、そこが解消できれば何も問題はないのです。
機器の故障等はほぼありえません。
インターネットで検索してもなかなか解決策が見つからなかったので、書かせていただきました。
この記事が多くのかたの救いになれば幸いです。

それではまた次回の記事にてお会いしましょう!!

 

 

おすすめの記事

Page Top
お問い合わせ