BLOG

ブログ

iPhoneの容量不足でお悩みのアナタにiCloudがすごく便利!

みなさまこんにちは。
Future’I’Mark株式会社の脇田です。

本日はiPhoneの容量不足に悩み中の方にぜひ活用していただきたい、とっておきのテクニックをご紹介したいと思います。
※本テクニックは、必ずWi-Fiに接続して実施してください。

iPhoneユーザーであれば、どなたでも簡単に実施できる方法になりますので、ぜひご活用ください。

iPhoneの容量不足を解決させる活用術

ストレージの空き領域がありません

容量不足に便利なiCloud

こんな表示、出たことありませんか?
一般的に出回っている情報によると、アプリや写真、動画を削除して空き容量を確保しなけれないけません。

ですが、もしも写真や動画が容量の大半を消費しており、それが容量不足を引き起こしているのであれば、簡単に解消することができます。

iCloudって何?

icloud

みなさんはiCloudという機能をご存知でしょうか?
iCloudはAppleが提供しているクラウドストレージサービスで、あなたのiPhone内にあるメール、連絡先、メモなどを自動的に保存してくれるサービスです。
今回はiCloudの機能の1つである、共有フォト機能を使用します。

共有フォトとは?

スクリーンショット 2016-01-07 17.16.56

iCloudには共有フォト機能という機能があります。
写真アプリの下段中部、雲マークの共有タブを押すことで開始することができます。これはiPhoneの中ではなく、iCloudに作成できるアルバム機能なんです。

ここでアルバムを作成し、あなたの写真や動画を入れると、iPhoneを使っている友達とそのアルバム内のデータを共有することができるという機能です。

例えば、あなたが友達と旅行にいったときの写真や動画を、共有フォト機能内のアルバムで共有してあげると、あなたのiPhone内の写真や動画はもちろん、その友達もiPhone内の写真や動画を追加することができ、友達同士でひとつのアルバムを使うことができるという機能です。

使わないともったいない、大変便利な機能ですよね。

共有しなくてもアルバムは作成できる

この機能はもちろん誰かと共有せずに、1人だけで使うこともできます。
つまり自分だけが見ることのできる、プライベートなアルバムとして運用することもできるということです。容量は無制限で使用できます。

ただし、幾つかの注意点があります。

• @1時間最大で1000枚までしか追加できない
• @1日最大で10000枚までしか追加できない
• @Wi-Fi環境で実施しないと大量のパケットを消費してしまう
• @友達と共有する機能は、1つのアルバムにつき100人まで
• @アルバムは最大100個までしか作成できない
• @1つのアルバムにつき最大5000件までしか登録できない

予備知識として、標準のiCloudは5GBまでしか使えません。(無料プランの場合)
ですが、共有フォト機能には容量という概念は存在しないので、上記のルールに基づいて運用すれば、いくらでも写真や動画を保存しておくことができるということです。

お気づきになられましたか?

そうなんです。

つまりあなたのiPhone内にある写真や動画のデータを、すべて共有フォト内のアルバムにアップロードしていけば、本体内の写真や動画をすべて削除してしまっても、iCloudの中に保存しておくことができるということです。

更に、もしもあなたのiPhoneのデータが初期化されてしまっても、AppleIDとパスワードが分かっていれば、写真や動画は残っているので、大切な思い出のバックアップとして使うこともできるのです。

すごく便利!

つまり、現在iPhoneの中にある写真や動画のデータを、すべてiCloudに移してしまって、本体内の写真や動画はすべて削除してしまえば、大幅な容量削減を行うことができ、容量不足の解消になるんです!

iCloudはAppleIDに紐付いているので、他のApple端末にそのAppleIDを入力してやれば、その端末でもiPhoneの写真や動画を見ることができます。
これは使わないともったいない・・・なんで広まっていないか不思議なくらい便利な機能ですよね!!

操作手順について

以下、簡単に操作手順を記載しておきましたので、参考にしてください。

“写真” をタップ

画面下段の”共有” をタップ

“新規共有アルバム” をタップ

好きな名前をつけて、”次へ”、”作成”をタップ

アルバムが作成されたら、アルバム名のところをタップ

“+” をタップして追加する写真や動画を選択していきましょう
(右上の選択をタップすると日別に一括選択できます。)
枚数制限に注意して下さいね。

最後に右上の ”完了” を押すと、作成完了です。

まとめ

いかがでしたか?

この方法をマスターしてしまえば、16GBのiPhoneでもやりくりしていけますよね。
容量が不足しているからという理由で新しいiPhoneの購入を検討される前に、ぜひ一度やってみてほしい素敵な機能です!
ただし、大量のデータ通信を行いますので、共有フォトのアルバム内に写真や動画を保存する際は、必ずWi-Fiに繋いでからやってくださいね。
でないと、一瞬で通信速度制限のメールが送られてきます。笑
ぜひ友達にこの機能を教えて自慢しちゃいましょう。

あと、もしもこの記事があなたのお役に立つことができたのであれば、ぜひFacebookでもシェアしてください!
それではまた、次回の記事にてお会いしましょう。

iCloudのご利用はこちらから

おすすめの記事

Page Top