BLOG

ブログ

Google Drive利用のキホン!データを作成・記録・削除する方法

こんにちは!Future ‘I’ Mark株式会社の得能です!

この記事はGoogle Driveの使い方【基本編】のその①です!

初めてGoogle Driveをご利用される方、操作方法がわからない方は、ぜひ本記事を参考にGoogle Driveを利用してみてください!

 

新規フォルダ・ファイルを作成する方法

Google Drive上で新規フォルダやファイルを作成する方法をご紹介します。

①左上にある「新規」ボタンをクリックし、Google Drive上で作成できるファイル一覧を表示します。

②作成したいファイル選択してクリックすることで作成できます。

Google Drive

 

③今回はフォルダを作成してみましょう。フォルダを作成する場合は作成するフォルダの名前を決めることができます。好きな名前を決めて「作成」をクリックしましょう。

 

無事にフォルダを作成することができました!

 

右クリックからでも同様にフォルダ・ファイルを作成することができます。こちらのほうが通常のPC操作に近い形で操作ができるのでやりやすいかもしれません。Google Drive 右クリック

 

Google Driveで作成できる主なファイル

基本的にGoogle Drive上では

Google ドキュメント(ワープロ)
Google スプレッドシート(表計算)
Google スライド(プレゼン)
Google フォーム(アンケートフォーム)
Google 図形描画(図形編集)
Google マイマップ(地図)
Google サイト(Webサイト)

のGoogleが提供するサービスについてのファイルを作成することができます。また、作成できるファイルは「アプリを追加」から増やすことができます。

Google Drive 作成ファイル一覧

 

Google Drive上ではMicrosoft社のWordやExcelといったファイルは作成することができません。(アップロードをすることはできます!【後述】)

 

PCからGoogle Driveにデータをアップロード・保存する方法

  • Google Drive上で作成ができないファイルを保存する  ex)音声、動画、Photoshop、Illustrator、CADなどのファイル
  • データ管理のメインをローカル(PC上)からクラウド(Google Driveなど)へ切り替える
  • WordやExcelなどのファイルをGoogleドキュメントやスプレッドシートに変換して使用する

としたい場合には、いかにご説明する方法でPCからGoogle Drive上にファイルをアップロードすることができます。

一度に複数のファイルをアップロードすることもできますので、メインのデータ保存先をGoogle Driveに変更する際にも大きな手間をかけることなく移行をすることができます。

 

ドラッグ・アンド・ドロップする方法

PC上からフォルダやファイルをGoogle Drive上に向けてドラッグ・アンド・ドロップすることでファイルを移動することができます。複数のファイルをドラッグ・アンド・ドロップしたい場合は複数選択したのちに処理をしてください。

Google Drive ドラッグ・アンド・ドロップ

 

読み込み先を指定する方法

Google Drive左上の「新規」ボタンや右クリックして現れる「ファイル・フォルダのアップロード」をクリックし、読み込むデータを指定することでもアップロードすることができます。

 

①新規ボタンをクリックしてファイルもしくはフォルダのアップロードを選択します。(右クリックからのメニューからのアップロード処理でも同様)

Google Drive upload01

 

②アップロードしたいファイル・フォルダを選択してアップロードをクリックします。

Google Drive upload02

 

③ファイルがアップロードされます。

Google Drive upload03

 

Google Driveにあるデータを削除する方法

Google Drive上にあるデータの削除は通常のPCでの流れと同じく、

ゴミ箱に移動させる→ゴミ箱内で完全に削除の処理をする

で行えます。

ゴミ箱の移動方法は以下の通りです。いずれも、ファイル・フォルダの複数処理は可能です。

 

①ファイル・フォルダを「ゴミ箱」にドラッグ・アンド・ドロップする方法

Google Drive move trash

 

②ファイル・フォルダを右クリックして「削除」をクリックする方法

Google Drive move trash02

 

完全にデータを削除するにはゴミ箱に移動した後に、「完全に削除」処理を行うことで完全に消去できます。方法は以下の2通りです。

①ファイル・フォルダを右クリックして「完全に削除」をクリックする。

 

②「ゴミ箱」をクリックして現れる「ゴミ箱を空にする」をクリックする。

 

お問い合わせ

当社ではG Suite正規代理店としてG Suite導入による業務改善提案・サポートを行っております。

Google Driveの使い方をもっと知りたい、G Suiteを導入してみたいという場合はぜひお気軽に当社までお問い合わせください!

その他、京都、大阪、兵庫、滋賀、奈良など、関西圏での法人携帯(BIZパッケージ)、ZohoCRMの導入、などもFuture’I’Markへおまかせください!

 

お問い合わせはこちらから

 

おすすめの記事

Page Top