BLOG

ブログ

格安で持つことのできる法人携帯の仕組み

みなさん、こんばんは

法人携帯の導入を考えた時、一番気になるのは料金プランではありませんか?

携帯本体の料金は一度支払ってしまえばそれで済みますが、使用料は毎月支払うものです。使った分は必ず支払わなくてはなりませんから、導入後のコストが心配ですよね。

それならなぜ、法人携帯を導入する企業が増えてきているのでしょうか。それは・・・法人携帯を格安で持つことができる仕組みになっているからです。

NTT docomoやau、SoftBankといった携帯キャリア会社が法人携帯用に特別な格安プランを用意しています。

24時間通話し放題プランは、法人携帯の導入を考えている企業にとって、非常にお得なものであり、現在法人携帯を導入している企業からも高い人気を博しています。
驚くことに、法人携帯用の24時間通話し放題プランは月額3,000円以下!

このような格安プランを利用すれば月額3,000円以下で利用できるのですが、格安プランを利用していない企業でも月額3,000円以下を打ち出しているのです。

そこで、ここではどのような仕組みで月額3,000円以下を打ち出せるのかその仕組みを詳しく紹介して行きます。

■24時間通話し放題なのに格安料金になる理由

NTT docomo、au、SoftBankの3社が現在日本において携帯キャリア大手と言われています。

それぞれ法人携帯の格安プラン(24時間通話し放題)を提供しており、その料金も月額3,000円以下と同水準となっています。
ただ、この格安プランを利用するためにはスマートフォンを導入しなくてはなりません。

スマートフォンは1台あたり数万円するものですから、導入台数が多ければ多いだけ出費となってしまいますよね。

ただ、スマートフォンは通話だけでなくさまざまな機能が仕事上便利ですから、それを視野に入れて導入する企業が増えているようです。

営業業務が多く、通話量の多い企業にとっては24時間通話し放題のプランは非常に魅力的だと思います。

しかし、それほど通話量が多くない場合、通話し放題プランを契約する事はあまり利口な選択ではないように思えます。

24時間通話し放題の格安プランを契約せずに月額3,000円以下を打ち出してる企業もあります。

それは、企業が携帯キャリア企業と個別で交渉し「相対契約」を結んでいるからです。
「え?それって違法ではないの?」と思いがちですが、これは2004年から解禁されている法人携帯の契約法であり違法ではありません。

それに、基本料金には必ず無料通話分が含まれていますから、これを最大限利用することで格安料金を打ち出す事は可能となっています。

それほど通話量が多くない企業では、社員1人ひとりの通話量に違いがあるはずです。

無料通話分も利用していない社員、それとは逆に多く利用している社員などまちまちのはず。それを上手く合算することで月額料金を安くできるという仕組みです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

法人携帯の仕組みをわかっていただけたでしょうか?
弊社でも一番重要なコストの面でもご相談を受け付けておりますのでぜひお気軽にご相談ください!

では、また次回の記事で!

おすすめの記事

Page Top
お問い合わせ