BLOG

ブログ

Google サイトで新しくWebページを作成してみよう!

Google サイト タイトル

こんにちは!Future ‘I’ Mark株式会社の得能です!

 

この記事ではGoogle サイトの基本的な使い方をご紹介します!記事を読んでいく、そのとおりに操作を試していただくことでGoogle サイトの使い方が理解できるようになっています。

初めてGoogle サイトをご利用される方、操作方法がわからない方は、ぜひ本記事を参考にGoogle サイトを利用してみてください!

「Google サイトってどういうアプリケーションなの?」という方は、初めての方にGoogle サイトを知ってもらうための記事を用意しておりますのでご参考にしてください。

G Suiteのアプリケーションを知ろう【Google サイト編】

 

新しくWebページを作成開始する方法

では、Google サイトでWebサイトを作成する最初の一歩を踏み出してみましょう。最初のステップは新規Webページファイルの作成です。

 

Google サイトで作成するWebページはGoogle サイトファイルというひとつのファイルデータとしてGoogle Drive上で管理されます。

実は、一般的な方法でWebページを作成する場合には多くのファイルを用意したり、フォルダの構造を考えたりしなければいけません。それについての説明は割愛しますが、Google サイトでのWebページ作成においてはそういった手間をかける必要が無いため初心者でも気軽にWebページを作成することが可能です!

 

そんなGoogle サイトファイルを作成する方法は2パターンあります。

 

Google サイトのTOPページから作成する方法

Google サイトのTOPページから作成することができます。Google サイトのトップページのリンクを以下に記します。

 

【リンク】Google サイト

 

ここで、簡単にGoogle サイトのTOPページの見方をご紹介しておきましょう。

 

この参考画像にも書いてありますが、新規Google サイトファイルは右下の「+」の書かれた赤いマークをクリックするだけで作成されます。

 

クリックした後にこのようなページが表示されましたら作成成功です。新規ファイルが作成できましたらすぐにWebページの中身の編集を始めることができます。

 

Google Driveから作成する方法

では、もうひとつの方法としてGoogle Driveから作成する方法をご紹介します。Google Driveのリンクを下記に記しておきます。

 

【リンク】Google Drive

 

Google Driveのページの左上に「新規」と書かれたボタンがありますのでまずはそちらをクリックしてください。

 

すると、Google Drive上で作成できるアプリが並んだバーが表示されます。「その他」にマウスカーソルを合わせると「Google サイト」も含めたその他のアプリケーションが表示されます。

「Google サイト」をクリックすることで新規ファイルを作成することができます。こちらもGoogle サイトの編集画面が表示されたら作成成功です。

ちなみに、一つ前のページに戻って先ほどまで見ていたGoogle Driveのフォルダ内を確認すると…無事、新規Google サイトファイルが作成されているのが確認できます。紫色のファイルがGoogle サイトファイルです!

 

さきほどご説明したGoogle サイトのTOPページから新規ファイルを作成する方法よりも、おそらくこちらのGoogle Driveから作成する方法のほうが多く利用することになるのではないかと思います。

Google Driveは所有するデータの多くを保存する先であるのでアクセスする機会が多いこと、Google サイト以外のファイルも同様のやり方でGoogle Drive上から作成できることがその理由です。

 

また、Google サイトのTOPページから作成する場合はファイルの保存先を選択しなくてよいのに対して、Google Driveからの作成だと新規作成の処理を行った時点に見ていたフォルダ内にファイルが作成されるので、希望するフォルダ内にファイルをすぐに作成することができファイルを移動させるというムダな時間を使うことがなくなります。

実際に利用する場合には本人の使いやすいやり方でやるのが一番ですが、そのようなメリットがあることは頭の片隅にでも残していただけたらと思います。

 

テキストを入力してみよう

それでは次にテキストを入力してみましょう。

 

Webページのタイトルをつくる方法

まずはWebページのタイトルから作成していきましょう。

お気づきとは思いますが、新規Google サイトファイルを作成した時にタイトルを記入する枠ができています。「ページのタイトル」と書かれた部分です。

基本的にはこちらのテキストを変更するだけでタイトルの設定は完了です。「ページのタイトル」と書かれた部分をクリックすると記入をすることができるようになりますので、お好みでタイトルを記入してください。見本では「My Web Page」としてみました。

 

Webページの本文にテキストを書き込む方法

続いて、Webページの本文部分にテキストを記入する方法をご紹介していきます。

今回はWebページタイトルと違い、あらかじめテキストを記入する枠が用意されていません。ですので、まずはテキストを入力する箱である”テキストボックス”の挿入をしておく必要があります。

右上に”テキスト”と書かれたところがあると思いますが、こちらがテキストボックスの挿入ボタンです。こちらをクリックしてください。

 

 

作成中のWebページの下部に新しく枠が出現したのがお分かりいただけましたか?これがテキストボックスです。

 

この細長いスペースにWebページで記載したい文章を書いていきます。もちろん、テキスト量が増えてきたり改行をするとそれに合わせて枠も大きくなりますのでご安心ください!テキストボックスをクリックして指定した後にテキストを記入していくことができます。

 

今回はこのように記入してみました!

 

Google サイトのメニューについて

一旦、Google サイト編集画面の右側に注目してください。今回利用した”テキスト”以外にも”ドライブ”や”YouTube”などといったものが並んでいますが、こちらがGoogle サイトの”編集メニュー”になります。

それぞれの機能については後述していきますが、各種コンテンツをGoogle ページに挿入するための手段はすべて右側のメニューに揃っています。

“テキストの編集”と”削除”の処理以外はほとんど右側のメニューで解決することができます。Google サイトの操作に慣れない間は、右側のメニューから次の操作を探していく…という癖をつけておくとスムーズに作業が進んでいくと思います。

 

お問い合わせ

当社ではG Suite正規代理店としてG Suite導入による業務改善提案・サポートを行っております。

Google サイトの使い方をもっと知りたい、G Suiteを導入してみたいという場合はぜひお気軽に当社までお問い合わせください!

その他、京都、大阪、兵庫、滋賀、奈良など、関西圏での法人携帯(BIZパッケージ)、ZohoCRMの導入、などもFuture’I’Markへおまかせください!

 

お問い合わせはこちらから

 

おすすめの記事

Page Top