BLOG

ブログ

写真の保存・活用を圧倒的に便利にするサービス〜Google フォト〜

Google フォト ロゴ

Future ‘I’ Mark株式会社の得能です!

 

あなたは業務において写真をよく撮る、または活用する機会が多くあるでしょうか。

写真をする場面は実に多様です。資料の作成、会社ブログの更新、後々確認するための記録用、会誌掲載用などいろんな使い方が考えられます。

そして、それだけ活用の幅が広くなると撮る・利用する写真の枚数は必然的に増えてくる。すると、写真の管理がかなり大変になり以下のような問題が発生します。

・写真をどこに保存したのか忘れてしまい探し出すのが大変

・データ記録媒体が破損して撮影した写真データが消えてしまった

・資料作成時に写真データを引っ張り出す作業が非常に手間だ

などといった問題に身に覚えはないでしょうか?仕事だけでなく日常生活においても発生しうる問題であることから共感できる部分も多いのではないかと思います。

今回ご紹介するGoogle フォトはGoogleが提供する写真管理サービスです。これを活用することで

・写真の整理が簡単になる。仮に保存場所を忘れてしまっても早く探し出すことが可能

・無制限(※)に写真を保管でき、データ保存の容量不足や破損による消失の問題が起こらない ※条件あり。

・作成している資料に添付する写真へのアクセスが簡単になる

と現在の写真管理についての問題のすべてが解決してしまいます。しかも、利用料は無料ですので金銭的な負担なく課題を解決することが可能です。

今回はそんなGoogle フォトとはどんなアプリケーションなのか説明していきます。

 

Google フォトとは?

Google フォトとはGoogle社が提供する写真管理サービスです。

Google フォトで受けられる主なサービスは以下のとおりです。

 

オンライン上に写真を保存することができる

写真をオンライン上で保存することができます。設定をしておくことでスマートフォンで撮影した写真が自動的に保存されるようになります。

気になる保存できる容量ですが、条件付きとはなりますがなんと無制限に保存することができます!無制限です!

容量無制限の条件は保存する写真の画質が1,600万画素相当に圧縮されるというものです。

iPhone7で撮影できる写真の画素数が1,200万画素であるということを考えると、元データにこだわりがない限りは全く問題のない条件でしょう。

ちなみに、元データで保存する場合の保存容量はGoogle Driveの最大保存可能容量と同じになります。

無料版Googleアカウントの場合は最低でも15GBの保存領域があります。これはiPhone7で撮影した写真を約7,500枚保存できる計算です!

 

写真を自動で整理してくれる

Google フォトではGoogleのAI(人工知能)が働いて、写真に写っている人やモノ、記録されている位置情報などを参考に写真を自動的に整理してくれます!

ですので、例えばわたくし得能が写った写真だけ見たいと思った場合は、人物検索で得能を指定することで一覧で写真を確認することができます。(下写真は私個人のGoogle フォト内を顔検索したものです)

Google フォト 検索

 

また、食品や空、高層建築物といった分類なども自動的に行なってくれるので、自分が探したい写真を簡単に探し出すことが可能です!

 

写真を検索で簡単に探し出せる!

Google フォトにも検索機能が搭載されております!ここでもGoogleのAIが働いており、検索キーワードに指定されたものが写った写真を探し出してくれます!

例えば、「ラーメン」で検索をすると、過去に撮影した写真の中からGoogleのAIがラーメンと思われるものを探し出して一覧として表示してくれます。

特に写真に「ラーメン」というメモ書きなどをしなくても、GoogleのAIが写真を見て判断してくれるのです。すごぉい…

Google フォト ラーメン検索

 

G Suiteサービスとも連携

Google フォトに写真を保存しておけばG Suiteのアプリケーションを利用する際にも大変便利です。

例えば、Google ドキュメントでの資料作成時に画像を挿入したいと考えた場合、Google フォト内にある写真にアクセスして挿入することができます。

Google フォトで写真を探すのと同じように検索機能などを利用することができますので、PC上から写真を掲載するよりも早く写真を探し出し、挿入することができます!

 

G Suite、Googleユーザーは特に利用メリット大!

ご紹介したように、Google フォトは他Googleサービスとも強く結びついています。

他にもGoogle フォトに似たサービスはいくつか存在するのですが、実際に活用する場面を考えてみるとG Suite、GoogleユーザーであればGoogle フォトに写真を保存しておいた方が作業が圧倒的に便利になります。

写真の保存機能や分類機能も申し分ないものであると思いますので、G Suite、Googleユーザーには特にGoogle フォトの利用をオススメしたいです。

 

おわりに

Google フォト…いかがでしたか?

今回ご説明した内容に加えて、写真をクラウド環境で保存することはデータを安全に保管する、(権限を持つ)誰でもアクセスしやすい状況にするという点で非常に意味のあることです。

写真の保管場所に困っている、管理に苦労しているという課題も解決できるので、まずはぜひ使ってみてください。

本ブログではGoogle フォトの使い方についてもご説明していく予定なのでお楽しみに〜!

 

お問い合わせ

当社ではG Suite正規代理店としてG Suite導入による業務改善提案・サポートを行っております。

Google フォトについてもっと知りたい、Googleを活用して仕事の効率化、働き方改革を進めたいとお考えの方はぜひお気軽に当社までお問い合わせください!

その他、京都、大阪、兵庫、滋賀、奈良など、関西圏での法人携帯(BIZパッケージ)、ZohoCRMの導入、などもFuture’I’Markへおまかせください!

 

お問い合わせはこちらから

 

おすすめの記事

Page Top